カサンドラでもハッピー♪

家飲みと海外ドラマ好きなインドア主婦、アスペルガーの夫と可愛い子供との幸せ発見ライフ♪

私 vs 私以外

結婚6年目

まだ主人が
アスペルガー自閉症スペクトラムだということを判らず

その為
スキンシップが全く出来なかったり

思うままに口にしてしまう言葉に傷付き

私はパニック障がいに。




耐える事に限界を感じて

「離婚したい」
と主人に告げる。


初めて主人は
そこで焦り始めたみたい。


でも私の決心は固かった。



すぐに働く先を見つけ

自分のサイン済みの離婚届を渡す。



その時の私の望みは

とにかく
意思の疎通が出来て
楽しく会話ができる人と居たい。

スキンシップがしたかった
ふれあいたい
女として扱われたかった。

愛情を感じたかったのです。


「欲」ばかりですが(笑)


とにかく
愛情を感じられるものを求めて

ロボットのような冷たい主人とは
離れたかった。



主人は急に焦り
感情を表すことはありませんでしたが
離婚には応じず。


私はどんどん話を進めますが

両方の両親も大反対。


特に私の親は
「誠実で優しいお婿さん」
と、主人をとても気に入っていたので

私の苦しみを理解してくれることはなかったのです。


主人の親に
「うちの娘がわがまま言っちゃってすみませんね~」
と謝っているのが聞こえた。


あ~
誰にどう話せばわかってくれるのだろう…

とにかく共感してくれる人が一人もいない
つらい時期でした。



今思い返せば
パニック障がいで心療内科へ行った時に
自分の不調だけでなく
主人の事をホンの少しでも話していたら
主人の障がいに気づけて
早く解決出来たのかも

と、悔やまれます。





気持ちのこもった会話もなく

スキンシップも一切無い。

でも彼は結婚生活を続けたい。


これは一体どうしてなのか?

それは

【作り上げた「安心できる場所」を
変えたくない、変化させたくない】

から。



だけど
その妻は、寂しい気持ちでイッパイなのだよ~!!