カサンドラでもハッピー♪

家飲みと海外ドラマ好きなインドア主婦、アスペルガーの夫と可愛い子供との幸せ発見ライフ♪

赤ちゃんがやって来た!



アスペルガー自閉症スペクトラムの主人と
結婚三年目にして
待望の赤ちゃんが生まれる!


手を繋ぐ事さえいやがるという

全くスキンシップの無い状態から
どうやって授かったかは
前回書きましたが


これまで
スキンシップの無い

なんだか少し寂しい生活だったけど


これでなんだか
心も温かくなるような
家庭生活が過ごせそう(*^^*)

とワクワク♪


育児は大変
でも
その分息子がかわいいので
じゅうぶん頑張れる♪



主人はというと

聞くと
確かに息子はかわいいらしい。

はたから見たら
私が家事をする間
息子をダッコしている姿は
イクメンかもしれない。


私の両親なんかはもう
良い旦那さんをもらってよかったね~というかんじです。





でも
なんだか違和感……

【抱っこに愛情が入っていない】


やはり自分から抱く事はなく
私が「ダッコしていて」
と頼むと

彼の脳にインプットされるのは

〔赤ちゃんをダッコする〕

なので
私が家事をしながらチラッと見る主人の様子は


息子を抱き
その表情を見て微笑んだり
話しかけたりする訳でもなく

テレビをガン見しながら
ひたすら
ロボットのように
ユラユラ体を揺らす姿。


時にはそのまま自分がコクッと寝そうになり
息子を落としそうになることも。

「ちょっと~寝るならダッコしないで~」
というと
「寝てない!」
と怒ってしまう(^^;

確かにコクッとしただけで
寝たというと事実はないけど…



やはり
息子をかわいいとは思っても
スキンシップしたい、
触れたい
という感情は無いようです。



まだ主人の障がいを知らない私は
この違和感を両親に相談しても

何ワガママ言ってるんだ
という雰囲気になってしまい
モヤモヤするばかりでした。



アスペルガー自閉症スペクトラムの症状の代表的なものに

【言葉をそのままうのみにし
臨機応変に対応する事が難しい】

というものがあります。


だから
「ダッコしてて」
は、イコール
「ただ、抱いていればいい」
になるのです。


極端に言えば
「赤チャン見てて~」
と言われたら

ジーーッと見てる
………でしょうか。



まだ息子が赤ちゃんのうちは
悩むことと言えばこのくらいで済んでいましたが

息子が大きくなるにつれ

困り事がどんどん増えて行ったのです。