カサンドラでもハッピー♪

家飲みと海外ドラマ好きなインドア主婦、アスペルガーの夫と可愛い子供との幸せ発見ライフ♪

障がいなのか判らなくても、とりあえず対処法を知ろう

「ブログやるならはてなブログが良いよ」 という知人のススメで

アナログ人間だった私が突然始めたこのブログ。

日記や独り言のように書きはじめた最初の頃を振り返ってみると

アスペルガー自閉症スペクトラムの夫の

「こんなところ、あんなところが大変なのです」 と

ほとんど愚痴りブログのようになっていました(^^;

が!

今は

何だか吹っ切れたのか 氣にならなくなったのか

よくわかりませんが…

大変!と感じるところの 対処法がわかり

大変になる前にこうしてしまえばイイとか

やっとペースが掴めて来たので 以前より氣楽に過ごせるようになっています♪ f:id:kasandeeY:20180507231711j:plain

それにはやはり

アスペルガー自閉症スペクトラム という障がいが判明したことが大きいです。

いや、それよりも

本を読んだり 情報を読みあさり

こんな時はこうすれば良いんだ! と知る事が出来た事が一番だったと思います。

アスベルガーにも数種類ありますが

「あれ?もしかしたら…」 とモヤモヤしたら

悩んでマイってしまう前に 病院で診断してもらうことをおすすめします。

また もし勇気を出して診察を受けても

「様子をみてみましょう」 と言われ

スッキリしないなら…

障がいなのか そうでないかをハッキリさせる事に集中するより

自分で調べた情報の中から

「当てはまっている」

と思うところの対処法を知り

とりあえず試してみる、とりあえず動いてみる事をオススメします♪

少しでも氣が楽になって余裕がチョットだけ持てるハズです! f:id:kasandeeY:20180507231812j:plain

「何でこんなに大変なの?」

「どうしてうちは他と違うの?」

モヤモヤして愚痴ってしまったり 悩んで暗い気持ちになってしまうくらいなら

自分で情報を集めて対処法を知り

行動に移してしまいましょう!

あれ?

と ビックリするくらい上手く行くかも知れませんよ(^ー^)

お母さんがつい言っちゃうあの言葉

子供が失敗したり 予想外の何かをやらかした時

親がだいたい叫ぶセリフ

「なぁにやってんのーーー!!!」

そう言われた子はだいたい

ビクッ!として固まったり 泣き出しちゃったり…

なるべく私はこのセリフは叫ばないようにしています。

が!

先日、思いきりデカイ声で言ってしまいました(^^;

それは 小学生の娘の尿検査の朝…

毎年のように 私が手伝おうと一緒にトイレへ向かったところ

「一人でやるから~」 と言うので

もう恥ずかしがって自分でやりだす年なんだなぁ と

思いきって任せてみた。

その数十秒後…

娘の楽しそうな声が。

「あはは~~ 全部流しちゃったぁ~♪」

えーーーーーっ!?

私はトイレへダッシュ

そして

「なぁぁにやってんのーーー!!」

おもいきりデカイ声で叫んだ(笑)

その剣幕に驚き 子供、泣く(T-T)

空っぽの容器と便器を前に茫然とする私( ;∀;)

f:id:kasandeeY:20180502214350j:plain

他人の親が子供にそう言っているところを見たとき

「なにやってんのと聞かれたって、 子供には何か理由があってそれをやってんのよね~」

と 余裕ある親目線で思ってしまいますが

出ちゃいますね~(笑)

あ、

その尿検査ですが

あの後 泣きながら娘に残りを絞り出してもらい💦💦💦

無事に提出出来ました(T▽T)

それにしても 流しちゃった~♪ と ハプニングを楽しむ娘、尊敬しますΣ(-∀-;)

なりたい職業は専業主婦業☆

私はインドア派です。

小さな頃から ワクワクすることは全て家の中にありました。

インテリア

料理

掃除

読書(特にマンガ)

絵を描いたり

などなど…

挙げるとキリがありません♪ f:id:kasandeeY:20180401124615j:plain アウトドア派の方や 家に居るのが退屈に感じる人には理解出来ないかも知れませんね( ̄0 ̄;)

インドア派

家事が好き

子供が好き

そんな私は必然的になりたい職業(?)は 専業主婦でした。

たしか高校生の卒業アルバムにも 将来の夢の欄には

「専業主婦」と書いた記憶があります。

そんな私は 25歳で結婚し 数年働いたのち子供が生まれ

うれしいことにお陰様で夢が叶いました♪

専業主婦生活!

もちろん働いてくれている夫には感謝です。

そして現在は 子供の学費の為にパートに出たりしていますが

やはり 家族のために家事をこなし

今日の晩御飯は何を作ったら喜んでもらえるかな~と献立を考え

子供たちと夫の帰りを待ってワイワイ晩御飯を食べる。

そんな毎日にとても幸せと生き甲斐を感じています。 f:id:kasandeeY:20180401224852j:plain 今まで私は

自分の天職はナニ?

何のために生まれてきたの?

自分の強みってナニ?

と、随分グルグルとまわってきましたが

結局は

自分の心が一番ワクワクし

他の人には「大変」と感じる事が 自分には「苦」に感じないモノが ソレなんじゃないかと思うようになりました。

今まで 周りのママ友が口にする 「家に居ても何したらいいかわかんない」 とか 「一体家でずっと何してんの?」 という声に 「ウッ」と詰まり うまく言葉を返せませんでした。

「専業主婦」だということが 何だか後ろめたい気がして…

(外で仕事をしていないから?それとも家でグータラしていると思われたくないから?)

胸を張って言うことが出来なかったのですが

今はこの主婦業に自信を持っています。

私はとにかく好きで楽しいのです☆

何も豪華な料理を作ったり

アイロンをキッチリかけたり完璧な家事をしている訳ではありませんよ(^o^;)

ちょっとした手抜き料理や 節約術には自信があります(笑)

これからはその辺の事も このブログで色々と書いていこうかな~と思ってます。

そんな 自称スーパー専業主婦(時々パート主婦)の私の独り言をここまで読んでいただき

ありがとうございました~☆

子供から教えてもらった人間関係(’-’*)♪

ちょっと 親バカなハナシを聞いてください(*´∀`)♪

我が家には 子供が二人おります。

高校生の息子は もうすっかり親離れし、部活にデートに 毎日がとにかく楽しそうです♪

小学生の娘の方は 今まで私にベッタリちゃんでしたが

最近は反抗期なのか 親離れなのか

私が「大好きだよーーー!」 と言っても スキンシップを嫌がり

返ってくる言葉は

「う○こ!」です(^^;

親離れでも反抗期でも とにかく子供の成長はうれしい♪

そして日々

子供のお陰で こちらも親として成長させてもらっているなぁ~と感じています。 f:id:kasandeeY:20180316000304j:plain 最近 娘の行動に感動する出来事がありました。

それは

娘が幼稚園の頃から仲良くしている子がおり、

登下校も今までずっと一緒でした。

それが最近 その子が娘を避けて他の子と歩くようになり

娘は寂しそうに 「ただいま…」 としょんぼり帰宅する毎日が続いていたんです。

でも たまには他の友達と一緒がいい と思う 相手の子の気持ちもわかるので そんなに気にしていませんでしたが

気になるのは 娘を見ると走って逃げて行ってしまうこと。

みんなでワイワイ帰っても良いのにな~と思っていました。 f:id:kasandeeY:20180316000431j:plain それと 片道30分はかかる通学路なので

私は防犯の為と なるべく誰かと帰っておいでよ~と 軽く言ってしまいました。

その翌日…

大泣きで帰宅。

「どーしたの⁉」

「また○○チャン、私を見付けたら 他の子と走って逃げちゃったーーー!」

しかも娘は 一緒に帰る会話のきっかけにか

折り紙で花束を作って待っていたそうです。

その姿を見て逃げちゃった…

これはさすがに私も心が痛みました。

まだホンの子供相手に

大の大人がムキーーッ!となってしまったのです('ε'*) f:id:kasandeeY:20180316000645j:plain しかしその後 娘と話して驚いたのは

娘が悲しくて泣いている理由が

その事が悲しかったのではなかったのです。

娘自身も去年

他の子に同じように 帰りたくなくて姿を見ると走って先に行ってしまった経験があり

自分はその時の子に こんな悲しい気持ちにさせてしまったんだー! ごめんねーーー!!!

と反省して泣いていたんです( ̄□||||!!

えらい!

えらい!

えらいぞ娘!!

娘を避けている子の方に怒りを感じてしまった自分…

何だか急に 恥ずかしくなりました。σ( ̄∇ ̄;)

今回の 仲良くしていた友達に避けられてしまうといった出来事

娘から学んだのは

相手を恨むのではなく

同じ立場になった人の気持ちを理解できたら 同じ事を絶対人にしない!

ということ( ̄ー ̄ゞ-☆

勉強させてもらいました!

f:id:kasandeeY:20180317234327j:plain ちょっとした 親バカ話を読んでいただき ありがとうございました☆☆☆

辛い出来事は、悪いことばかりじゃないね

お久しぶりになります!

色々とあり しばらくブログを書けませんでしたが

やっと元気に充電完了(^3^)/‼

なにがあったのか

私にとっては こんな事、現実にあるんだな~と言う出来事でした~

f:id:kasandeeY:20180227235959j:plain

私がずっと人間関係で悩みながらも 次の職場が見つかるまでと 家計の為に働いていた職場。

そこで私は一人の上司の女性に何故か嫌われていて

常に冷たい態度や理不尽な叱られ方をされていました。

理由はよくわかりませんが 多分私の仕事が遅かったり天然間違いをしたり…

仕事がデキル彼女にとって

私は目障りな存在だったのでしょうね(^^;

それでも私はその仕事内容が好きだったので いつ辞めてやろうか~(# ̄З ̄) と思いながらも

とにかくその彼女から言われるどんな事にも素直に従って続けていました。

f:id:kasandeeY:20180228005717j:plain

もう開き直って頑張ってやっていこうかな~☆ と 少し仕事に対して前向きに思い始めた頃…

突然 本社から一本の電話が。

「勤務状態についてなのですが!」

突然 一方的なキレ方で 私が口を挟む間もなく凄い剣幕で 色々な事をまくし立てられましたΣ(O_O;)

まず私のこれまでしてしまったミスについて…

これは本当に謝るしかありません(‐人‐)

不器用な私は 一度してしまったミスや間違いは 次は絶対無いよう常にメモをしたり確認していたのですが

その電話で言われたのは

「いくら言っても直らないそうなのですが‼ あれもこれもそれもこれも! どうなっているのでしょうかね‼」

ひえーーー! 怖い!!

私の心臓はバクバク!

完全にこれは 私を嫌っている上司の女性が全て本社に伝えたことなのは直ぐに解りました。

中には 違うそれは~!と と言いたかった内容も。

反論することも出来ましたが グッとのみ込んで

「ご迷惑をお掛けしました。 お世話になりました」

と、退職と言う形で 私のこの仕事は終わりました。

f:id:kasandeeY:20180228004301j:plain

ショックな出来事でしたし

私にピッタリだと思うやりがいのある仕事だっただけに寂しい気持ちになりました。

確かに私の不器用さと天然ボケな部分は 共に働く人にとっては迷惑をかけてしまった事は反省です(--;)

私を嫌っていたその上司は 出会ったばかりのまだよく私と話をしていた頃

彼女が以前居た職場の愚痴を言っていて

「前は最悪の職場だったの~! お局様が牛耳っていてさぁ、気に入らない人を次々辞めさせていたの、本社にその人の苦情言って。」

ん? ……あれ?

あなたも今回私に同じコトしてない?(笑)

私は思いました

彼女、仕事は超出来るけど こんなことしたり、されたりを繰り返してるかわいそうな人なんだなぁ~~~。

落ち込んだ時に悩み相談をさせてもらった ある知人が言ってくれた 私を楽にしてくれた言葉があります。

それは 「哀れみをもって愛する」

傷ついたりムカッとした時は

この言葉を心の中で何度も何度も繰り返し やり過ごしました。

お陰で今では彼女に対して憎むような気持ちは持っていません。

そんなこんな色々ひっくるめて

今まで争い事を避けて のほほんと暮らしてきた私に

こんなびっくりな経験をありがとう(チョット皮肉笑)です。

確かに長期間 無視や、やることなすこと否定されたりで いい歳して独り「ツラいよ~」と涙した時もあったけど

とにかく恨んだり愚痴を言いまくる事は避けました。

それはとにかく後味が悪くなってしまうのでね…

お陰で色々と気付く事があったり

感謝することを見付けられたり

自分を良い方向に導いてくれる存在に出逢えたりと

たくさんブラスな事がありましたよ☆

スッキリポジティブに次の仕事を見つけていくにはこれで良しだ♪

よくネガティブにならず頑張ったなぁ~自分☆☆☆

と、誉めてあげよう(^^)

最後まで読んでいただき ありがとうございました☆

俺、答え知ってるー!

家族でクイズ番組を観ている時

他の人より先に答えが解ると嬉しいですよね♪

だけど子供がそんな気分になるのも親なのでウレシイ♪

なので 「あ、これ子供が知ってる問題だ…」

と気づいたら 私はわざと

「あれ~何だっけ~?」

と知らないふりをします。 f:id:kasandeeY:20180118232654j:plain 「ピンク色の汗をかく動物は何でしょう?」

「あ~ 聞いたことある~。何だっけ~?」

ととぼける私。

子供が答えるのを待つ。すると突然…

それまでスマホのゲームに夢中で一人の世界に入っていた夫が突然

「カバだよカバ!!!」

と答えを言ってしまう(゜〇゜;)

これ、ウチのあるあるです(笑)

簡単すぎる幼児レベルのクイズでもよくやってくれます( ;∀;)

例えば 「ドラえもんが苦手な物は?」

など完璧に子供が答えると思えるモノも

得意気に「ネズミ~!!」 と大きな声で我先にと答えます(笑)

苦笑いの私( ̄▽ ̄;)

そう… 夫はある意味息子でもあると言う気持ちで接しています。

食事中に肘をついたり膝を立てたり 子供よりも注意することが多く

でも指摘するとふてくされてしまう(^_^;) f:id:kasandeeY:20180118232731j:plain 私は 男としてのプライドを崩さないよう

夫を立てながら そしてもう一人息子を育てている気持ちで

子育てを楽しんでいます(´ω`)

いくら結婚するまではラブラブでも

親として夫婦を続けて行くのには

努力と忍耐がいるもんです(^^;

ムツゴロウさん元気かな

突然ですが

あなたが夢中になっていることはありますか?

それは何ですか?

その事を語りだしたらもう止まらない!

他人にウザイなぁ~ と思われてしまうかも知れないけど

そんなこと眼中に無し!!

夢中になっていることを語っているその人の眼は ギラギラ輝いている( ☆∀☆)

私はそんな人が大好きです。 f:id:kasandeeY:20180109223505j:plain 私が小学生の時から尊敬するムツゴロウさんこと 畑 正憲さんはそんな人。

畑 正憲 1935年 福岡市生まれ 1958年 東京大学理学部卒業 同大学院で運動生理学を専攻 1961年 学研映画に入社、68年まで動物記録映画制作に従事する。 退職後、作家として独立し、「ムツゴロウ動物王国」を北海道浜中村に建設する。

時々バラエティー番組の中で 動物と戯れている彼の その恍惚となっている様子を真似され、 笑いのネタにされてしまうこともありますが…

彼の生き物に対する探求心は計り知れなく それを語る時のその眼の輝きと生き生きした表情に私は引き込まれます。 f:id:kasandeeY:20180109233332j:plain ムツゴロウさんは滅多に人に意見したり批判したりすることは無いのですが

彼の著書『ムツゴロウの本音』 文春文庫 の中で 「今どきの若者」について語っています。

「最も目立つのは、純な情熱が見当たらない。

例えば我が家で 「ひとつ、今度生まれる子馬の誕生を見ようじゃないか」

と言うことになったとすると たちまちサッと分担が決まり 交代で夜番という事態に落ち着いてしまう。

一種の仕事と化し、徹夜を一晩したものは、翌日ぐっすり眠る。

ここらが私には分からない。

私だったら、馬の仕草の一つ一つが出産の前触れではないかとはらはらする。

見ると決めたら一と月でも二た月でも、可能な限り傍らを離れない。

知りたいものは 仕事なんかじゃなかった。 生きることと一体になった何かだった。

若い人たちは皆、人は良い。 素直で明るく、日課をこなす時は生き生きしている。 でも、日課以外のものをするとき、なんとまぁ弱々しいのだろう。

何かが足りない。そう思った。

本来若さというのは、日課を拒否し、情熱のありったけを何かに注ぐことではなかったのだろうか。」

今の時代、 ムツゴロウさんの思うような熱い心を持った若者は少ないでしょう。

だけど、彼のように 寝食を忘れるくらい没頭出来る何かを持っている人は 充実した幸せな人生を送っていると思う。

私もそんな何かを見つけたいな。